HOME検索
ようこそ、「スネークパパの掲示板」へ。お気軽に投稿いただければうれしいです。(『スネークパパの部屋』管理者イレブン)

■■イレブンへの連絡先■■ メール:hal9000jp@ace.ocn.ne.jp ■■■■
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 ■研究資料■ 銘系 堀場系の代表鳩たち  イレブン  2018年10月16日(火) 21:22
修正
 銘系堀場系では、わずか1坪半ぐらいの小さな堀場鳩舎から、銘鳩舞鶴号を始めとする数々の銘鳩が誕生しています。そして、その子孫達は、「桁外れの大活躍」と称されるほどの見事な歴史の残しています。挙げるときりがありませんが、代表的な記録のみ列挙しますね。
■稚内1500キロ 【黄金キング号】
■羽幌1400キロ総合優勝【竜王5号】
■羽幌1300K7位【長春1号】
■余市1200キロ総合優勝【鳩王号】
■1000K総合優勝
■800K地区N総合優勝
■700K地区N総合優勝
■700K近畿ダービー当日1羽帰り総合優勝
■600K優勝
■500K宮杯優勝
 なんと言ってもこの中で有名なのは【竜王5号】と鳩王号を生み出した石田5万系の基礎鳩【61−4770BC雄】でしょうね。しかも、【竜王5号】は、スネークスター号及びその全兄弟の雌スネーク号の父親である【竜王枡田号】と関わってきます。つまり、この【竜王枡田号】は竜王5号の直系の鳩であり、【竜王5号】がスネーク系帝王系の重要基礎鳩となるのです。後に詳しく述べますが、竜王5号の作翔者桝田氏は、竜王5号を堀場系と関東銘系をミックスして生まれた銘鳩として捉えていました。つまり、堀場系は、スネーク系、帝王系の重要な柱のひとつとも言えるのです。

 福岡県田川市の堀場系研究鳩舎で有名な坂本年幸氏は、『愛鳩の友』誌の掲載された広告欄のなかで、堀場系を次のように紹介されています。

◇競翔界に君臨する=堀場系=舞鶴号・797の近親系◇
往年の関西鳩界にあっては、常勝鳩舎の名をほしいままにした、故西川宗七氏西川白足輪系にはじまり、、堀場[金市]郎鳩舎(翔道七段)に入舎後、堀場氏の特異な選鳩・配合・手腕により、近親競翔固定された系統である。競翔界においては、抜群のスピードを誇り、根性のある鳩群を輩出している。その活躍ぶりは、関西鳩界・中国鳩界・(特に石田五万系)・東北鳩界・九州鳩界においておびただしい総合優勝鳩を多数輩出している。
◇◇◇

 イレブンは、堀場系の系源やその特質をこれほど的確に紹介されている文章を他に知りません。さすが、堀場系研究鳩舎と看板を上げておられるだけのことはありますね。
 実は、イレブンは、この坂本さんの鳩舎にも30年ほど前に一度お邪魔したことがあります。現在はどうされているんでしょうか。当時の坂本鳩舎には明るい柿目を中心としたひとつのまとまりのある銘鳩の一群がずらっと鳩舎の中にいたことを覚えています。イレブンはこの時見せてもらった素晴らしい背筋を持つ胡麻の雌のことを今も覚えています。
 堀場系とはこの系統紹介文にありますように同じ京都の西川系の後継鳩舎とも言えるのです。そして、スネーク系、帝王系の重要な柱となっている基礎系なのです。特に、帝王系では、その【竜王5号】のラインを更に強めて系統作りをされています。帝王パパさんが[帝王ロフト.com]の基礎鳩の1羽に【竜王5号】の画像を【天龍号】と並べて掲載されているのには、こうした理由があるのです。

 では堀場系の代表鳩の画像を紹介しますね。

 堀場797号  イレブン  2018年10月16日(火) 21:25 修正

 堀場舞鶴号  イレブン  2018年10月16日(火) 21:26 修正

 堀場906号  イレブン  2018年10月16日(火) 21:27 修正

 堀場113号  イレブン  2018年10月16日(火) 21:28 修正

 堀場434号  イレブン  2018年10月16日(火) 21:29 修正

 堀場442号  イレブン  2018年10月16日(火) 21:30 修正

 イレブン編「スネーク系の系源」における堀場系研究の足跡  イレブン  2018年10月16日(火) 21:44 修正
以前連載研究した「スネーク系の系源」での第5章「竜王5号系探索」のところで、堀場系の徹底調査をしています。この文章を読むと堀場系が当時の広島在来系の重要な飛び筋ラインだったことが分かりますので、少々長い文章ですが、ここに引用しておきますね。

※画像:竜王5号及び系統図

 スネーク系の系源 第5章  竜王5号系探索4   イレブン  2018年10月16日(火) 21:51 修正
■竜王5号系探索4 〔竜王5号の父親のライン〕1 竜王5号の祖父【36−126007BW森沢作】探索■

前回、竜王5号の祖父【36−126007BW森沢作】の父親のラインの探索を行いました。そしてそこには、広島在来系の形成史上大きな存在であった浜岡氏、森沢氏、そして名人柳浦昇氏らの作出鳩たちが登場しました。そして、この【36−126007BW森沢作】が、竜王5号の祖父に当たるだけでなく、藤田雅昭氏の畢生の銘鳩【ブチブル号】の祖父にも当たる鳩であり、「中国鳩界で重要な種鳩」であったと言うことが判明しました。広島在来系の重要な飛び筋のラインであったということでしょう。


次に母親ラインの探索です。

○母57−806320BC堀場作

 ○2代祖父52−0797BC堀場作

   ○3代曽祖父【舞鶴号】18−5012BC堀場作
   ○3代曽祖母50−7730BC堀場作
               
 ○2代祖母54−111112BC並河作

   ○3代曽祖父53−19674BC並河作32年全国農林杯  
   ○3代曽祖母53−19656BC小野宏作ファブリー系

さて、竜王5号の祖父【36−126007BW森沢作】の母親【57−806320BC堀場作】について「解説」では

「中型の大で、メスメスのオスの方のメスである。毛質、にぎり、肉持ち、ともによく、やや重みのある感じで少しスピードは落ちるが、おっとり方である。孫鳩、ひ孫鳩に1000キロ鳩あり。」

とあります。ここにある「メスメスのオスの方のメス」との表現は、この記事を書いた筆者の判断ではなく、そのように説明を受けたことを記述されたものと考えられます。そうすると、当時の広島や呉の愛鳩家の間、さらには、作出者である堀場氏の選鳩の着眼点の一つであったとも推測されます。この「メスメスのオスの方のメス」、更に「オスオスのメスのオス」という理論についてイレブンは、「ムロタ稚内3号の母(黒真珠号)」「三代目ムロタ羽幌号」を手にしたとき、スネークパパさんから教わったことがありました。確か、天才について遺伝学的な研究がされている本から、そうした理論の存在を教えていただいたように記憶しています。ここではあまりに横道に入りますのでふれませんが、ここにある「メスメスのオスの方のメス」という記述から、この堀場作の【36−126007BW森沢作】の母親【57−806320BC】が非凡な種鳩だったと言うことが伺えます。

さて系図をたどっていきますね。

この「メスメスのオスの方のメス」である【57−806320BC】の父親は、広島在来系のおいてきわめて重要な銘鳩【52−0797BC♂堀場作】です。この【797号】について解説では

「堀場氏の誇る銘鳩5021舞鶴号の直仔で、7730との配合は大成功であり、ちょっとみられない優秀な鳩であった。根性、スピード、体力ともに充実していた。126007号はこの血を多分に引いていたようである。広島地区でよく飛んで話題になっている五万系の原鳩でもあり、多数の長距離鳩が出ている。」

とあります。竜王5号の祖父である「126007号はこの血を多分に引いていたようである」との解説です。ここで、竜王5号の系統について作翔者桝田隆敏氏が「堀場系である」と説明していた理由が見えてきました。竜王5号の主流となる血統は、桝田氏の目には、次のような堀場系のラインとしてつながっていたのだと考えられます。

◎舞鶴号→797号→126007号→竜王5号

そして竜王5号は堀場系が主流糸であり、他は異血として使っておられたのだと推測されます。このように考えるとこの竜王5号探索シリーズの冒頭に紹介した桝田隆敏氏の次の発言の意味が鮮明となってきます。

『主力は関西系。この鳩は堀場系ですが、関西の山場に強い系統と東京のよい系統を二代から三代にかけて、地形と気温、風土にあった鳩を作っていくことですね。東京方面の鳩を持ってきても、そのままでは成功せんようですね。僕が血統について思うには、呉地方で昔から飛ぶ筋がおるでしょう。そう言う筋に関東の銘血をさしていったら、うまくゆくんじゃないかなということです。土地にあった鳩づくりが、レースに強くなる方法だと思います。』

こうした意味から、ここでしばらく竜王5号の主流系である堀場系【舞鶴号→797号】について徹底追跡をしたいと思います。

 ■堀場系【舞鶴号→797号】について徹底追跡   イレブン  2018年10月16日(火) 21:53 修正
竜王5号の祖父【36−126007BW森沢作】が堀場系の主流ライン【舞鶴号→797号】の血を強く引き継いだ鳩だと言うことが分かってきました。ここに出てきた【797号】は「堀場氏がもっとも大切にしていた種鳩で、九州の淵上氏、広島の石田氏、、そのほかへ移って、数々の1000キロ、900キロ鳩を作出している」(愛鳩の友誌1968年11月号P16)と言われている鳩です。この【797】の直仔のなかで特に有名なのが、石田五万系の基礎配合【61−47710BC堀場作×54−12075Bw細川作】の【61−47710BC堀場作】の父親が【52−0797BC堀場作】です。この五万系基礎配合から、【草津姫号】1200キロ優勝の【CH鳩王号】、1000キロ優勝【スターキング号】、羽幌1400キロ【石亀号】をはじめとする無数の超長距離鳩が輩出しています。また、この草津姫号の妹の石田号の直仔が岡山平松宝鳩舎の1300キロ4位【長春1号】です。母親が’【797】の孫になります。(下画像参照)

 ・  イレブン  2018年10月16日(火) 21:54 修正

 ■堀場系と舞鶴号→797号   イレブン  2018年10月16日(火) 21:57 修正
堀場氏が大切にしていた【797号】の父親【舞鶴号】の堀場系の形成については、以前、イレブンの連載「超長距離時代の群像 第2章 広島在来系黄金時代」の中で取り上げて解説していますので、その文章をここで確認して更に追求していきたいと思っています。

『堀場先生は、先の「糞かき50年を顧みて」の中で、ご自身の系統の基礎系についてこう述べられています。

「昭和9年8月西川荘七氏より入手した系統が『骨格構成』が良くないので陸軍購買には失格の仔鳩が多かった。その頃、一番合格鳩の多かったのは益川靖雄氏『ハイツマンのシオン系』であった。そこで骨格の良い系統を物色中、大阪塚本系『仏軍用鳩系』を須広の三津氏にお願いして現在の私の系統のに改良する事が出来ました。」

これによると、堀場系は西川系に、シオン系あるこのいはそれに近い系統をミックスして形成されていたようです。この「大阪塚本系『仏軍用鳩系』」がシオン系の鳩だとすると、この導入をされた時期は、前後の文章では昭和14年のようですから1939年ごろということになります。1947年1月にポール・シオンは死去していますので、まだ、ポールシオンが存命中の話ですね。

ポールシオンは1946年11月、米国のフォスタに送った手紙の中で数多くの良鳩をフランス軍の要求で失ってしまったことを伝えています。(※「鳩と共に70年}より)このことからすると、堀場先生が導入して西川系の改良に使った鳩が、ポール・シオンの鳩の流れにあった可能性は大きいと考えられます。

そして、その2年後、この新たに加えた系統の成果が現れます。関西初の北海道レース昭和16年6月1日京都参加数116羽で翌日帰還鳩9羽の時、堀場先生の愛鳩も第7位で記録しています。この時の北海道レース(何キロなのか不明)を帰した鳩舎には、宇津木氏3羽、今西氏1羽、並河氏1羽など名前も記載されています。こうした名人たちが活躍していた時代の話です。

さらに、これらの系統の流れから生まれた氏の代表鳩である舞鶴号の名前の由来について次のように述べられています。時代を感じる話です。

「日本軍用鳩協会も戦時体制となり国防鳩隊が組織せられました。京都支部では、敦賀港と舞鶴要塞京都師団司令部間の通信連絡を命ぜられたために訓練を行いました。
京都北部の会員は舞鶴方面に十数回訓練致しました。一朝大事の場合に使用出来得る為に、私の種鳩に舞鶴号といふのが居ります。之に使用する為訓練した鳩であった為この名称をつけたのです。之の仔鳩。797号の系統は戦後活躍してくれました。」

国を守るために鳩が活躍していた時代があり、舞鶴号は、その一端を担って活躍した「国防鳩隊」の銘鳩だったのです。』
(「超長距離時代の群像 第2章 広島在来系黄金時代 ◎参考資料 堀場氏と舞鶴号」より引用)

ここに見られるように堀場系とは西川系の土台として、体型改善のためにシオン系を異血として改良された系統だと言うことが分かります。一般に、堀場氏は西川系の後継鳩舎として認識されていました。

そして、この【797】が、石田五万系をはじめとする広島在来系の飛び筋ラインを形成する上できわめて重要な鳩だったと言うことが見えてきました。ここでひとまずこの【797】のラインの系図を整理してみます。

■【52−0797Bc♂】戦後堀場系代表種鳩


●父【舞鶴号18−5012BC】

 ○2代父【16−71499B】400キロ
      ○3代父【14−22999B】
           ○4代父【11−7976B】600キロ
                ○5代父【B31−20000467×6−5007今西】
                ○5代母【10−610B原田】
           ○4代母【13−25951B】
                ○5代父【11−7982B】800キロ
                ○5代母【11−7969B】600キロ(◎9−8647林×◎9−9734西川)
      ○3代母【14−13429B】
           ○4代父【10−39830B】(大阪・塚本)
           ○4代母【10ー39813BW】(大阪・塚本) 

 ◎2代母【9ー9734BC】(西川)
     ○3代父【大12−K24−224】(西川)
     ○3代母【8−21104Bp】(田中良造)

●母【50−7730BC】

 ○2代父【49−5885BC】
      ○3代父【17−59256BC】
           ○4代父【15ー33395BC】800キロ              
                ◎5代父【9−8647B】(林)
                ◎5代母【9−9734BC】(西川)
           ○4代母【11−52810B】(大阪・伊知地)
      ○3代母【22−13255BC】
       ○4代父【14−22999B】
         ○5代父【11−7976B】
           ○6代父(【B31−20000467×6−5007今西】)
           ○6代母【10ー610B】(原田)
         ○5代母【13−25951B】 
            ○6代父【11−7982B】800キロ
                ○6代母【11−7969B】600キロ(◎9−8647林×◎9−9734西川)
       ○4代母【19−11159BC】※舞鶴号全兄弟
        
 ○2代母【18−5028BC】
      ○3代父【15ー33415B】師国長杯
           ◎4代父【9−8647B】(林)
           ◎4代母【9−9734BC】(西川)
      ○3代母【17ー21734BC】
           ○4代父【15ー33395BC】800キロ             
                ◎5代父【9−8647B】(林)
                ◎5代母【9−9734BC】(西川)
           ○4代母【11−52810B】(大阪・伊知地)

                             

797号の系図について調査可能なところまで調べたらここまでの系図が限界のようです。クレカン時代までさかのぼっていますね。この系図を丁寧見見ると堀場系代表種鳩【797号】はかなりの極近親配合による作出鳩だと言うことが見えてきます。

(1)舞鶴号×(舞鶴号の妹【19−11159BC】×舞鶴号の祖父【14−22999B】)

更に基礎系の西川系から見るとこの【797号】の系図に何度も出てくる配合(【9−8647】×【9−9734】)が気になります。この配合から【797】を見ると次のような構成になっていることがわかります。

○父舞鶴号(【8647×9734】のひ孫)×【9734】

○母7730(【8647×9734】の6重近親)

となり、 【9−9734】西川作♀の8重近親鳩と言うことになります。ここまでくると、堀場系の基礎系にあたる西川系そのものの知識がなければこの重近親の意味は理解できませんね。そこで、いったん、西川系の関する資料を紹介します。(イレブン注:堀場先生の「西川系の原鳩」の記事で紹介)    

■銘鳩【堀場797号】の画像がやっと見つかりました。傑出した銘鳩であったことがこの画像からも十分伺えますね。「堀場氏の誇る銘鳩5021舞鶴号の直仔で、7730との配合は大成功であり、ちょっとみられない優秀な鳩であった。根性、スピード、体力ともに充実していた。」との解説に納得してしまいます。   

 ブラックパール×銘鳩ベロニカ号3兄弟、200K全鳩帰還!!  イレブン  2018年10月11日(木) 20:40
修正
【源流ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ号】の3兄弟
B【連合会27位】[分速1308,667m]18ー0363BW♀【ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ】
F【連合会71位】[分速1067,962m]18−0362DC♂【ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ】
S【4日目帰還】18−0302BW♀♂【ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ】

この3羽は全兄弟で、200キロまで無失踪で来ています。配合の相性が良いのかもしれません。3羽の画像は今度の休みに撮影したいと思います。ちなみに、母親の【銘鳩ベロニカ号】は12歳です。

 父親【源流ブラックパール号】系図  イレブン  2018年10月11日(木) 21:02 修正
【源流ブラックパール号】DCW 帝王ロフト作
※帝王系超長距離ライン 佐々木稚内1号・3号重近親
■父10−8402BC帝王ロフト作
  ■2代父【帝王1633号】BCP(95ゴールデンアイ×帝王ダイアナ)※帝王稚内3号の孫
  ■2代母【07−9427】BC(シャモスター800※佐々木稚内1号の孫×06−019181※佐々木稚内1号の近親)

■母10−1622BC帝王ロフト作
  ■2代父98−010236B(帝王稚内3号の孫×スネークスター号の孫)1000K6位
  ■2代母【帝王ホワイトティアラ号】(佐々木稚内1号の近親×ヤング帝王号の孫)


 母親【銘鳩ベロニカ号】  イレブン  2018年10月11日(木) 21:07 修正
【銘鳩ベロニカ号】06-03624141 胡麻 雌 源流系異血基礎鳩

2008年バルセロナN 1549km 30日目以後後日帰り
2010年バルセロナN 1549km 521羽中30位
2011年バルセロナN 1549km 1283羽中54位

○全兄弟【ロバート号】05-03631137 灰胡麻 雄
2008年バルセロナN 1549km 11位
2009年バルセロナN 1549km 14位
2010年バルセロナN 1549km 29位

○直仔【ヴェロニカII号】06-036213012 灰胡麻 雌
2010年バルセロナN 1549km 521羽中22位
2011年バルセロナN 1549km 1283羽中77位

 【ブラックパールヴェロニカ1号】18−0302BW♀  イレブン  2018年10月14日(日) 11:47 修正
18年秋200K4日目 左副翼がバッサリやられてました。秋レースはリタイヤです。

 【ブラックパールヴェロニカ2号】18−0362DCW♂  イレブン  2018年10月14日(日) 11:49 修正
18年秋200K連合会71位

 【ブラックパールヴェロニカ3号】18ー0363BW♀  イレブン  2018年10月14日(日) 11:50 修正
18年秋200K連合27位

 2018年秋 200Kレース  イレブン  2018年10月7日(日) 22:03
修正
今日、200Kの持ち寄りでした。30羽の参加です。イレブンの地元では、この200Kが鬼門です。毎年、しこたまたたかれます。風予測では、追い風気味のようです。
明日は、休日なので帰りを待てるようです。楽しみです!

 10月8日 200K放鳩日の朝  イレブン  2018年10月8日(月) 6:47 修正
今朝の空です。雲一つない快晴です。これで追い風なら、帰還率は大丈夫と以前は思っていましたが、こんな快晴日は、案外、結果は悲惨になることが多いようです。最近、イレブンは、こんな快晴を見ると「猛禽日より」と思ってしまいます。少し追い風のようなので、結果はどうなるでしょう。

画像は今朝6:40頃の空です。

 200Kレース速報  ■参加30羽 10/11現在 20羽  帰還率66%■  イレブン  2018年10月8日(月) 17:07 修正
200Kレースはやっぱり鬼門ですね。16:20時点で、30羽参加中記録15羽です。今回は、訓練から200Kジャンプ組の♂達が頑張ってます。
明日までに、なんとか、20羽は帰したいと思ってますが……。

今夜、審査があるので自鳩舎帰舎の順位だけ記載しておきます。分速と順位は、結果が分かってから追記しますね。

【200Kレース結果(自鳩舎貴舎順)】
@18ー0368BCW♂【Wモンロー号】×【Wパール号】
A18−0334BLKCW♂【銘鳩モスクワ号】×【モスクワクイン】
B18ー0363BW♀【ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ】
C18−0338DCP♀【Wモンロー号】×【Wパール号】
D18−0319BC♂【異血241号】×【スタークイン号】
E18−0321BC♀【秘蔵岩田号】×【パール号】
F18−0362DC♂【ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ】
G18−0350BC♀【源流グランデ号×【モンスターGG号】
H18−0367BC♀【2代目源流留萌キング号】×【岩田モスクワクイン号】
I18−0336BC♀【源流日本海号】×【ルモイブラッククイン】
J18−0348B♀【異血250号】×【クイン900】
K18−0335BC♀【2代目源流留萌キング号】×【岩田モスクワクイン
L18ー0366BY♀【2代目源流留萌キング号】×【岩田モスクワクイン号】
M18−0341BC♀【パールJr】×【W1918】
N18−0325B♂【源流シリウスブルー号】×【源流クイン号】
O17ー6876BC♂【源流モスクワ号】×【モスクワクイン】
【翌日】
P18−0339BC♂【菊池キング】×【光輝クイン2世号】
【3日目】小雨
Q18−0296BC♂【源流メタリック号】×【源流スミレU】
R18−0357BC♀【源流秘蔵岩田号】×【源流パール号】
【4日目】曇天
S18−0302BW♀【ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ号】


夕方、6時近くに17−6876BC♂が帰舎しましたが、尾っぽが1枚になっていました。どうも、トップ集団には入れなかった群れは猛禽に散々追いかけられているようですね。

帰還率は全体的に5割程度のようでした。イレブン鳩舎もほぼ平均値です。目標としては20羽帰したいと思っていますので、明日後日が4羽拾えればと思っています。

【2日目(翌日)】
翌日は1羽帰還でした。30羽参加17羽帰還です。帰還率56%です。やっぱり秋の200Kレースは鬼門ですね。ただし、これまで、この秋200キロ経験鳩が結構700キロを帰っています。今年は、この200K帰還鳩を最終500Kまで行くチームと春チームに分けてみようかと思案中です。

【3日目】
3日目は朝7時に1羽、昼前に1羽、計2羽帰還しました。小雨気味でしたが、いつも曇り空の方か帰還率がいいようです。これで19羽となりました。目標までもう1羽です。

【4日目】昼頃1羽帰還していました。左翼の副翼がバッサリやられていました。4日目なのでさすがに肉も落ちていましたが、この兄弟は,200Kまで、全鳩帰還したことになりました。目標の20羽が達成です。
※画像上:自鳩舎1位 、画像下:自鳩舎19位※イレブンのお気に入りです。

 200Kレース結果[自鳩舎上位10位まで]  イレブン  2018年10月8日(月) 21:22 修正
【200Kレース結果(自鳩舎帰舎順)】
@【連合会15位】[分速1333,452m]18ー0368BCW♂【Wモンロー号】×【Wパール号】
A【連合会16位】[分速1333,161m]18−0334BLKC♂【銘鳩モスクワ号】×【モスクワクイン】
B【連合会27位】[分速1308,667m]18ー0363BW♀【ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ】
C【連合会34位】[分速1217,995m]18−0338DCP♂【Wモンロー号】×【Wパール号】
D【連合会36位】[分速1212,384m]18−0319BC♂【異血241号】×【スタークイン号】
E【連合会47位】[分速1160,793m]18−0321BC♂【秘蔵岩田号】×【パール号】
F【連合会71位】[分速1067,962m]18−0362DC♂【ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ】
G【連合会79位】[分速1039,545m]18−0350BC♀【源流グランデ号×【モンスターGG号】
H【連合会86位】[分速979,123m]18−0367BC♀【2代目源流留萌キング号】×【岩田モスクワクイン号】
I【連合会88位】[分速946,895m]18−0336BC♀【源流日本海号】×【ルモイブラッククイン】

 2018年秋100Kレース入賞鳩A【連合会7位】18−0366BW♀   イレブン  2018年10月6日(土) 16:29
修正
A【連合会7位】18−0366BW♀ 分速1049.666m

■父【2代目源流ルモイ号】イレブン作 ※源流留萌キング親子配合
 ■2代父【源流留萌キング号】 源流系基礎鳩直仔1000K記録
  ■3代父【岩田バロン号】岩田誠三作(留萌キング×CHフェアレディ)
  ■3代母CHフェアレディの妹岩田誠三作
 ■2代母【源流ルモイブラッククイン号】源流系基礎鳩 イレブン作
  ■3代父【源流留萌キング号】
  ■3代母【源流ブラッククイン号号】竹中啓一作※3代目スネークスター号×スネークスターオブクイン号(全兄弟配合)

■母:16ー7277 イレブン作
 ■2代父【源流秘蔵岩田号】日本海号系 源流系最高基礎鳩
  ■3代父 岩田96号 岩田誠三作 (5085×3727)
  ■3代母 プリンセスシルビア号 東九州地区N総合優勝 ※CHフェアレディ弟×シルビア号
 ■2代母【源流モスクワクイン号】イレブン作
  ■3代父【源流モスクワ号】※モスクワ1500K記録【銘鳩モスクワ号】×バルセロナ1500KN優勝、延40000K飛翔【コッホローバー号】
  ■3代母【源流クイン号】イレブン作源流系基礎鳩※源流グリズル×源流ブラッククイン号

 ■【連合会9位】18−0367BC♀  イレブン  2018年10月6日(土) 16:48 修正
・B【連合会9位】18−0367BC♀ 分速1048.787m 父【2代目源流ルモイ号】×母【源流岩田モスクワクイン】※源流秘蔵岩田号の仔

※上記鳩と同腹

 ■父【2代目源流ルモイ号】  イレブン  2018年10月6日(土) 16:53 修正
【2代目源流ルモイ号】イレブン作 ※源流留萌キング親子配合
■父【源流留萌キング号】 源流系基礎鳩直仔1000K記録
  ■2代父【岩田バロン号】岩田誠三作(留萌キング×CHフェアレディ)
  ■2代母CHフェアレディの妹岩田誠三作
■母【源流ルモイブラッククイン号】源流系基礎鳩 イレブン作
  ■2代父【源流留萌キング号】
  ■2代母【源流ブラッククイン号号】竹中啓一作※3代目スネークスター号×スネークスターオブクイン号(全兄弟配合)

 【源流留萌キング号】   イレブン  2018年10月6日(土) 17:14 修正
■【源流留萌キング号】 源流系基礎鳩直仔1000K記録
 ■父【岩田バロン号】岩田誠三作(留萌キング×CHフェアレディ)
 ■母【CHフェアレディの妹】岩田誠三作

 ■【源流ルモイブラッククイン号】  イレブン  2018年10月6日(土) 17:21 修正
■【源流ルモイブラッククイン号】源流系基礎鳩 イレブン作
※源流ブラッククイン号の後継基礎鳩

 ■父【源流留萌キング号】※【留萌キング号】の孫
 ■母【源流ブラッククイン号号】竹中啓一作※3代目スネークスター号×スネークスタークイン号(全兄弟配合)

 【連合会10位】18−0336BC♀  イレブン  2018年10月7日(日) 22:10 修正
C【連合会10位】18−0336BC♀ 分速1044.917m

父【源流日本海号】×母【源流ルモイブラッククイン】

 【源流日本海号】  イレブン  2018年10月7日(日) 22:15 修正
【源流日本海号】帝王ロフト作 岩田日本海号系近親

■父:源流秘蔵岩田号(岩田96号※5085×3727日本海号系×700K総合優勝プリンセスシルビア号)

■母:帝王GPダイヤモンドレディ号 九州GP総合優勝 ※母:秘蔵岩田号×帝王9390号

 台風25号の朝  イレブン  2018年10月6日(土) 6:57
修正
今週も台風到来でレースの持ち寄りが延期となりました。持ち寄りは明日、日曜日です。

今朝6:40頃の様子ですイレブンの所では、今朝から強風が吹き始めました。雨はありませんが、結構な強さの風です。遠くに虹が架かっていましたのでカメラに収めました。昼頃が最も接近するとのことでしたので、今より強い風となるのが心配です。鳩飼いが台風到来で一番心配なのは、レースのことと鳩舎が飛ばされないかでしょうね。家族には言えませんが、自宅のことよりも鳩小屋のことを心配しているのはイレブンだけではないでしょう、きっと。今年は、台風の被害が尋常ではありませんので、あまり被害がないといいですね。

 100K優勝お目出とう御座います。  タッチ  2018年10月3日(水) 21:28
修正
イレブンさん秋レース出足からコンデション良いですね、この先もどんどん良い成績が出ると思いますよ、応援していますよ、私も春の700Kに向けて訓練に励んで居ますよ、頑張って下さい。

 ありがとうございます!  イレブン  2018年10月3日(水) 22:37 修正
レスありがとうございます!

優勝した18−0291BCは、タイプ的には距離が伸びる鳩ですが、100Kで、2位を分速で11m程引き離していますので、スピードもあるようです。おそらく、坪井さんのモンローの血筋の力が大きいと思っています。やっと、鳩が持っている能力を引き出せるような管理が出来るようになってきたんだと思います。最終の500KでMAXの力が引き出せるように頑張りたいと思っています。これがなかなか難しいのですけど……。

今年もサボテンきれいな花が咲いてますね! 


 【速報】2018年秋レース開幕  イレブン鳩舎100k優勝、7位、9位、10位入賞!!  イレブン  2018年10月2日(火) 21:41
修正
台風の影響で100キロレースが本日放鳩でした。参加は♀鳩グループの16羽でした。♂も同数近くいるのですが、今回は参加さていません。200キロにジャンプの計画です。連合会20位以内入賞は6羽でした。

【2018年秋 100Kレース結果】
■参加16羽  当日記録16羽  帰還率100%(※初めてです)

[連合会20位以内入賞6羽の記録]
@【連合会1位】18−0291BC♀ 分速1074.632m  父【源流モンスター号】×母【源流1918号】

A【連合会7位】18−0366BW♀ 分速1049.666m  父【2代目源流ルモイ号】×母【源流岩田モスクワクイン】

B【連合会9位】18−0367BC♀ 分速1048.787m 父【2代目源流ルモイ号】×母【源流岩田モスクワクイン】

C【連合会10位】18−0336BC♀ 分速1044.917m 父【源流日本海号】×母【源流ルモイクイン】

D【連合会16位】18−0363BW♀ 分速1034.864m  父【源流ブラックパール号】×【銘鳩ベロニカ号】

E【連合会17位】18−0368BCW♀ 分速1034.689m 父【源流Wモンロー号】×母【源流パールクイン号】

最高基礎鳩の【源流モンスター号】の直仔の優勝は嬉しいですね。スネーク理論では100kでも優勝鳩は即種鳩です。モンスターの直仔の雌種鳩を作ることが出来ました。これで、モンスターの直仔は、100K1位、700K6位、となりました。しかし、これは、モンスターのスピード性というよりも、母親の【源流1918号】の力が大きいと思っています。この【源流1918号】の直仔は、この春、300K2位、500K10位を入賞しています。


ちょっとコンディションが上がりすぎなのかもしれませんね。波に乗っているようなので、慎重に進めたいです。それにしても、びっくりしました。この分速で優勝ですから、天候がスネーク日和だったんでしょうね。200キロも頑張ります!!

※左下画像:100K優勝18−0291BC♀

 100K優勝【18−0291BC♀】の母  イレブン  2018年10月3日(水) 4:52 修正
源流系基礎鳩【源流1918号】11YAー00187BC♀ 帝王ロフト作

■父:08SA22688BCW 坪井和利作 帝王系最高異血種鳩、直仔:東海、三重、濃尾GN800K総合優勝(当日)

 ■2代父:07SA23101BC坪井作 GM東海・三重総合優勝【モンローU号】の直仔
 ■2代母:05SA05969BCW 坪井作 地区N700K総合優勝
直仔700K総合3位、孫GP800K総合優勝、異母兄弟CH1000K総合優勝

■【帝王1918号】03YA01918BC 帝王ロフト作、直仔:九州GP総合2位 孫:東九州Rg総合優勝 1000K記録多数

 ■2代父:【95−ゴールデンアイ】帝王系源鳩 父【佐々木稚内3号】
 ■2代母:96WB08251BC 藤畑作 スネークスター孫×佐々木稚内1号の孫

 08SA22688BCW   イレブン  2018年10月3日(水) 4:57 修正
坪井和利作 帝王系最高異血種鳩

 ■【帝王1918号】  イレブン  2018年10月3日(水) 4:58 修正
03YA01918BC 帝王ロフト作

 【佐々木稚内3号】  イレブン  2018年10月3日(水) 5:00 修正
帝王系基礎鳩

 ・  スネークパパ  2018年9月24日(月) 6:32
修正
やっと見ることができました。スマホからです。やきものが、いそがしいので、かきこみができませんでした。今ホテルです。また見ます。

 スネークパパさん、お久しぶりです!!  イレブン  2018年9月25日(火) 5:14 修正
お久しぶりです。かれこれ、1年半年ほどぶりでしょうか。陶芸のお師匠様の林家先生が急逝されて以来のレスですね。

最近はお電話でもあまり話す機会がないくらいご多忙な状態が続いておられるので仕方ないと思っておりますが、これからも、時々でかまいませんので投稿をお願いしますね。

 関口龍男先生の言葉  イレブン  2018年9月24日(月) 21:38
修正
イレブンは関口先生とは一度もお会いしたことはありませんが、再開して色々研究を進めていく中で、関口先生の言葉に幾度も深く感銘するすることがありました。しかし、関口先生の奥の深さに気づけるようになった時にはすでに故人となられていました。もし今も、ご健在であれば間違いなく、何らかの方法で門をたたいていただろうと思います。

最近、よく思い起こす関口先生の言葉をここに記述しますね。これは、「イレブンの研究室」の冒頭に掲げている文章からの引用です。

○レースで1等になった2等になったと言うことも大切ではあろうけれど、その好成績がどこから生まれてきたのかというルーツを探るような記事が出てきたら、それは良いことだしおもしろくなると思います。現在の鳩界は日本ばかりでなく、ヨーロッパでもどこでも、ただ優勝すればよいということが頭にあるせいか“自分の鳩”を持っていない。

○ 鳩の始めは、自分の鳩を作って、飛ばしていたものです。それだから誇りを持って飛ばしていた。現在では、ともすれば、鳩はどうでも、賞に入りさえすればよいのだとばかりに、飛んだ鳩を手に入れて、交配して飛ばす人が多くなってしまいました。こういうことを繰り返していると自分の鳩がなくなっていくのです。つまり雑種です。それが現在ではほとんど主流のようになってしまった。これではいけないと思います。雑種で飛ばすことを繰り返していては、ついには退化してしまうからです。

○鳩というものは、成績だけにこだわらず、あくまでも自分の鳩を作って飛ばすのが本当であって、それでこそ楽しみがあり、歴史に残る鳩も生まれてくるものです。みな競争に明け暮れて、ほんとの血筋を持った鳩というものをが少なくなりました。

○鳩の趣味というものは、きちんとした血筋の鳩を手にして飛ばすものです。それでこそ本当であると私は考えます。

○成績にのみ捕らわれると、大筋を見失うことになります。つまり、成績の1等とか2等とかいうのには、いろいろな条件が付帯しているからです。鳩そのものでは、1等の鳩より5等の鳩のほうが遥かによい鳩であるということは、現実によくあることです。運とか気象とか、さまざまな条件の中で賞というものは決まると考えた方が良いのです。

○ 鳩を飼っているのであるならば、賞の優劣より鳩そのものの研究をして、誰が見ても立派だと言う鳩を作ることに力を入れていただきたい。

秋レースが始まります。関口先生のこの言葉のように、自分の鳩作りにつながるようなレース展開を目指したいと思います。

 九州稚内号  kymorioka  2018年9月17日(月) 21:29
修正
九州稚内号画像ありがとうございました、1600K3度目の挑戦で失踪した銘鳩、この鳩以外にも2回帰った鳩がいたんですね、1700K2回帰った鳩もいるんですねこちらも画像見つかりましたらアップお願いします。この鳩の画像を私の方のブログにもアップさせていただきました、今後とも宜しくお願いいたします。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40  過去ログ全 1301件 [管理]
スネークパパの部屋